VACUMETシリーズ

  • 埋込消耗品の豆知識
  • 埋込消耗品カタログ
VACUMETシリーズ 
バキュメットは常温硬化樹脂で試料埋込をする際に使用する脱泡含侵(がんしん)器です。
常温硬化樹脂は、樹脂と硬化剤の混合時やカップ等に樹脂を入れる際、液中に気泡が発生してしまいます。特に電子材料や複雑な形状のものは隙間に気泡が入り込みやすく、観察したい箇所に気泡が残ってしまった場合が出てきます。そうなると正確な観察が出来ない為、埋込をやり直さなければなりません。また、気泡が多く残った状態だと試料との密着性も落ち、樹脂と試料の隙間が出来てしまいます。
バキュメットは容器内を減圧させ脱泡(樹脂内の気泡を減少させる)、含侵(樹脂を浸み込ませ試料に密着させる)を行います。
VACUMET 52
バキュメットはエジェクター方式で減圧した環境を作ります。真空ポンプを使用しないため置き場所を選ばず、コストパフォーマンスにも優れています。
エアーのON/OFFボタンで減圧/解放を瞬時に出来るためエアの上下搖動が簡単に行えます。
特に、粘度の高い樹脂には効果が期待できます。
・電源が必要ない
・コンパクトで場所を取らない
・簡単操作
圧縮エアー 6bar(0.6MPa)
寸法、重量 幅23、奥行28、高32cm / 6.5kg
VACUMET 52