METACUTシリーズ

  • 切断消耗品の豆知識
  • 切断消耗品カタログ
METACUTシリーズ
メタカットは手動の中型切断機です。
装置右側のレバーを下しチョップ切断で試料を切断します。レバーは砥石回転モータに直結しているので小さな振動も感じ取れ衝動切断に適した機構になっています。
機能を絞ったシンプルなモデルですが、切断性能はサーボカットの手動切断と同等の性能を備えており、綺麗な切断面をご提供します。
ボタン操作で誰でも簡単に取扱いが出来き、清掃も簡単です。
コストパフォーマンスにも大変優れた切断機です。
同じ試料しか切断しない、切断に時間が掛からない試料が多い、使用頻度が少ない場合等はメタカットが向いています。
METACUT 302
メタカット 302は最大でφ300mmの砥石が取付可能な中型切断機です。
主に試料高さ100mm以下で使用する手動切断機として設計、開発されました。
テーブルには多様なクランプ治具を取り付ける事が可能なので不定形試料の切断も可能です。長尺試料用のアクセスポートを使えば長尺のパイプ等も切断出来ます。
・コンパクト&パワフル
・簡単操作
・大きな手動切断レバー
・電磁ブレーキとインターロックによる安全設計
・切断室底部の傾斜により円滑な冷却水の循環
・長尺試料用のアクセスポート付
切断可能試料サイズ MAXφ110mm
最大砥石径 Φ300mm
砥石回転数 2800rpm
切断可能サイズ Φ115mm / □50、195mm
テーブル寸法 幅255、奥行250mm
切断モータ S1(定格) 3kW
切断モータ S3(連続運転時) 4.6kW
操作方法 各種ボタン、スイッチ
切断室照明 LED
安全機構 安全ロックスイッチ
電源 3相200V 20A
最大消費電力 3.2kW
寸法、重量 幅58、奥行68、高49cm / 132kg
タンク 60ℓ
METACUT-302