MICRACUTシリーズ

  • 切断の豆知識
  • 切断消耗品カタログ
MICRACUTシリーズ 152・202
ミクラカットシリーズは卓上型の精密切断機です。
コンパクトな切断機で手動、自動のモデルを取り揃えています。切断砥石の他にダイヤモンド、CBNホイールが取付可能です。
小さなサイズの試料の切断を得意とし、電子基板、金属、セラッミックス、生物試料等の切断で使われています。
細かく、薄く、綺麗な切断が出来る装置です。
MICRACUT 152
ミクラカット-152は最大でφ150mmの砥石及びホイールが取付可能な小型切断機です。
重りで切断負荷を調整しチョップ切断します。手動切断も可能です。切断が終了するとリミットスイッチが押され停止しブザーでお知らせします。
脆性材料から遠征材料まで殆どの試料に対応します。試料の切断面の損傷を最小限に抑えるように設計されていますので、損傷の少ない綺麗な切断面が得られその後の工程を軽減します。
・持運び可能なコンパクトな卓上型
・刃の回転数は0〜1000rpmの可変
・多彩なクランプで斜め切断も可能
・手動切断テーブル(オプション)で大きい基板の切断も可能
・平行切断が可能でマイクロメータで切断幅も設定可能
切断可能試料サイズ MAXφ50mm
最大砥石径 Φ150mm
砥石回転数 0-1000rpm(1rpm単位)
切断可能サイズ Φ50mm
切断方式 カウンターバランス機構(0-1000g)
平行切断(X軸) 手動(デジタルマイクロメータ付)
切断モータ S1(定格) 0.1kW
切断モータ S3(連続運転時) -
停止方法 自動カットオフスイッチ
回転切断 -
パルス切断 -
カップ砥石 -
操作方法 各種ボタン、スイッチ
安全機構 マグネット式インターロック機構
電源 単相100V 1A
単相200V 1A
最大消費電力 0.1kW
寸法、重量 幅51、奥行43、高34cm / 18kg
タンク 1ℓ
MICRACUT 152
MICRACUT 202
ミクラカット-202は最大φ200mmの砥石及びホイールが取付可能な小型切断機です。
手動、自動切断が可能です。自動切断はプログラムをセットしてスタートボタンを押せば、後は装置が全てを行います。、オペレーターの方は安心して他の作業に従事する事が出来、切断に要していた時間を大幅に短縮出来ます。
金属・セラミックス・電子材料・鉱物・合成物等に対して精密にそして変形を最小限に抑えて切断します。工業系の実験室からバイオの研究室まで幅広く活用されています。
・タッチパネルでの切断制御
・切断中にホイールのドレッサーが可能
・オプションのX軸位置決め装置を使用すれば平行切断が可能
・刃の回転数可変機能を標準搭載(400〜5000rpm)
・パルス切断、過負荷検知機能も標準搭載
切断可能試料サイズ MAXφ75mm
最大砥石径 Φ200mm
砥石回転数 400-5000rpm(1rpm単位)
切断可能サイズ Φ75mm / □40、150mm
切断方式 自動テーブル送り / 手動
テーブル寸法 幅196、奥行190mm
X軸 移動距離 25mm
Y軸 移動距離 180mm
Z軸 移動距離 45mm
平行切断(X軸) オプション 手動 / 自動
テーブル送り速度(Y軸) 0.02-1.5mm/sec
切断モータ S1(定格) 0.75kW
切断モータ S3(連続運転時) 1kW
回転切断 オプション
パルス切断
カップ砥石
操作方法 タッチパネル
プログラム数 100
切断室照明 LED
安全機構 安全ロックスイッチ
電源 単相100V 7A
単相200V 5A
最大消費電力 1.15kW
寸法、重量 幅66、奥行75、高45cm / 100kg
タンク 4ℓ
MICRACUT 202