GEOLINEシリーズ

  • 豆知識
  • カタログ
GEOLINEシリーズ GEOCUT 302・GEOFORM 102・FORCIPOL-TS・FORCIMAT-TS
ジオラインシリーズは地質学等で行われている岩石等の組織観察の為の切断、研磨の装置です。基礎部分の設計をサーボカット等の既存装置と共通化することで、大幅なコストダウンを実現しました。
GEOCUT 302
ジオカットは最大でφ300mmの砥石、ホイールが取付け可能な手動の切断機です。
岩石、セラミック、鉱物、ガラス、コンクリートなどの切断が出来ます。
Z軸を使用したチョップ切断とY軸を使用したテーブル送り切断が出来ます。またX軸を標準搭載しており横軸移動も可能です。
インターロック機構により切断時はカバーがロックされます。また、カバーが開いた状態で切断刃が回転することはありません。
・パワフルなモータ
・平行スライス切断が可能
・インターロック機構で安全性を確保
切断可能試料サイズ MAXφ90mm
最大ホイール径 Φ300mm
ホイール回転数 2800rpm
切断可能サイズ Φ110mm / □70、200mm
切断方式 手動
テーブル寸法 X軸無 幅445、奥行275mm
X軸有 幅350-95、奥行275mm
X軸 移動距離 95mm
Y軸 移動距離 220mm
Z軸 移動距離 125mm
平行切断(X軸) オプション 手動
テーブル送り切断 手動
チョップ式切断 手動
切断モータ S1(定格) 4kW
切断モータ S3(連続運転時) 5.1kW
操作方法 各種ボタン、スイッチ
安全機構 安全ロックスイッチ
電源 3相200V 16A
最大消費電力 4.3kW
寸法、重量 幅90、奥行94、高66.5cm/250kg
タンク 80ℓ
GEOCUT 302
GEOFORM 102
ジオフォームは最大でφ250mmのホイールとφ175mmの研磨砥石が取付け可能な切断・研削装置です。
岩石等の薄片試料の作成することが出来ます。
バキュームチャックで試料を固定し切断、切削を行います。
切削量は内蔵のマイクロメータで確認できます。
カバーにはマグネットスイッチ式のインターロックがあり、カバーを開けるとホイールと砥石は停止します。
・1台で切断、切削工程を処理
・バキュームチャックで薄片を確実に固定
・マグネット式インターロックで刃と砥石を強制停止
最大ホイール径 Φ250mm
最大研磨砥石径 Φ175mm
ホイール、砥石回転数 500-2000rpm
ホイール、砥石モータ 0.55kW
切断可能サイズ Φ75mm / □40、150mm
切断、研磨方式 手動
研磨量制御 デジタルマイクロメータ
操作方法 各種ボタン、スイッチ
循環タンク オプション(40ℓ)
安全機構 マグネット式インターロック機構
電源 単相100V 10A
単相200V 6A
最大消費電力 10kW
寸法、重量 幅84、奥行78、高45cm / 100kg
GEOFORM 102
FORCIPOL-TS
 No Catalog
フォーシポル-TSは1軸の手動研磨機です。
シンプルなボタン操作で誰でも簡単にお使い頂けます。
設置可能な標準研磨盤は300mm です。
その他サイズにも対応できますのでご相談下さい。
・簡単操作
・研磨盤モータにはサーマルスイッチ付モータを採用し安全性を確保
研磨板 直径 300mm
回転方向 時計方向 / 反時計方向
回転数 50-600rpm
モータ 0.75kW
操作方法 各種ボタン、スイッチ
電源 単相100V 10A
単相200V 10A
最大消費電力 0.8kW
寸法、重量 幅45、奥行74、高34cm / 50kg
FORCIPOL-TS
FORCIMAT-TS
 No Catalog
フォーシマット-TSは自動研磨機用の装置です。
岩石研磨向けにフォーシマットよりも低速で試料ホルダーを回転させることが出来るようになっています。
フォーシポル-TSに搭載可能です。
シンプルなボタン操作で誰でも簡単にお使い頂けます。
自動モードにすると、フォーシポルと連動して動作します。
個別荷重方式で、1度に6個までホルダーに試料をセット出来ます。ホルダーはφ25-50mm, 1-2インチの標準品が御座います。その他サイズにも対応できますのでご相談下さい。
・簡単操作
・後付け可能
・潤滑剤の自動滴下装置の取付可能(オプション)
試料ホルダ 回転方向 時計方向
回転数 35rpm
モータ 0.1kW
荷重能力 5-60N
荷重方法 個別荷重
操作方法 各種ボタン、ボリューム
圧縮エアー 6bar(0.6MPa)
寸法、重量 幅26、奥行46、高54cm / 16kg
FORCIMAT-TS